締めさば食べ比べ対決 みなとっと×ヤマヨ

それぞれが推す締めさばを手に、食べ比べ対決をPRする伊澤さん(左)と大山さん

 八戸みなと漁協が青森県八戸市湊町で運営する魚介類直売所「浜市場みなとっと」は、同市の水産加工会社・ヤマヨとのコラボ企画「八戸名産『しめさば』食べ比べ対決!」に取り組んでいる。18日まで、直売所内の食堂で味わえる「のっけろ丼」のネタとして、同食堂料理長が作る「渾身(こんしん)のしめさば」と、全国水産加工品総合品質審査会で最高賞を受賞した同社の「赤酢しめさば」を通常より安く販売。食べ比べて投票してもらうことで、八戸産締めさば全体の認知度向上につなげたい考えだ。

 赤酢しめさばは、ヤマヨと上北農産加工(十和田市)の共同開発商品で、八戸港に水揚げされたものを含む国産サバを使用。赤酢は上北農産加工が県産酒米の酒かすを使って製造している。のっけろ丼は4月下旬の提供開始以来、みなとっとの新名物として注目を集めている。

 のっけろ丼のネタとして赤酢しめさばを少量ずつ提供することで、多くの消費者に商品を知ってもらえるのでは-。ヤマヨ営業部加工品課の伊澤綾主任の思いに、みなとっとの大山知希副店長が「漁協直営店として消費者と漁業者、地元業者をつなぐ役割がある」と応じ、初のコラボが実現した。

 期間中、みなとっととヤマヨの締めさば(各3切れ)をそれぞれ通常より安い180円で、両方の締めさばを計300円で販売する。また、締めさばを載せた丼の写真をツイッターで募集し、映え具合などが優秀な写真の投稿者に賞品を贈る。

 10日、みなとっと内で自社商品をPRした伊澤さんは「のっけろ丼をきっかけに赤酢しめさばを味わってもらい、父の日やお中元のギフトとしても利用してもらえたら」と語った。

 みなとっとの食堂「漁師食堂 鮮八」の営業時間は午前10時~午後2時。火、水曜休。

八戸市

青森
東京・八戸交流プラザ 来店100万人
青森
八戸小唄流し踊りに14団体 7月12日本番
青森
カラフル傘で気分華やか/八戸
青森
ミートガーデン、肉とビールで乾杯!/八戸
青森
バラ見ごろ 佐藤さん夫妻の庭園/八戸