地元のトラフグ味わって 10日から「福まつり」/八戸・青森の10店

ふぐ福まつりをPRする竹中会長(右から2人目)ら芽生会のメンバー

 青森県八戸市内などの料理店でつくる八戸日本料理業芽生(めばえ)会(竹中亨考=ゆきたか=会長)は、10日から6月24日まで「第10回八戸前沖ふぐ福まつり」を開催する。八戸前沖でとれた天然トラフグのコース料理を、同市と青森市内の計10店で、手頃な値段で提供する。

 まつりは、トラフグの地産地消を進め地元の新たな食文化をつくろうと、2014年に始まった。今回は八戸市内8店と青森市内2店が参加。1人前6600円、8800円、1万1千円(いずれも税込み)の3コースがある。てっさ(刺し身)やから揚げ、焼き白子などコースメニューは各店で異なり、オリジナルコースやランチを提供する店も。20年に始めたフグ料理の宅配を今回も実施する。

 29日には八戸市の八戸パークホテルで特別企画「ふぐ料理を愉(たの)しむ夕べ」を開く。「博多 い津み」(福岡県)の宮武尚弘総料理長がゲストとして登場するほか、芽生会による屋台コーナーも設ける。前売り券は1万8千円。

 8日、芽生会のメンバーが八戸市庁を訪れ、熊谷雄一市長にまつりをPRした。竹中会長は取材に「(まつりの)回を重ねるごとに独自のメニューも増え、各店が成長している。どんどん食べに来てほしい」と話した。

 参加店は次の通り(3日前までに予約が必要)。

 ▽八戸市 金剛、銀波、おはな、しはん、ぼてじゅう、丹念、きんき、八戸パークホテル▽青森市 菜のはな、白樺

八戸市

青森
籃胎漆器の技法や歴史探究/八戸是川縄文館特別展
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
ブルーベリー観光農園6日開業/八戸市南郷
青森
五輪種目題材 夏の映画祭/八戸で7日から
青森
NOMI NOVAオープン/八戸ヴィアノヴァ