八戸のホテルで、お肉を味わうビアガーデン

ホテルの日本庭園で、ビールを飲みながら肉料理を楽しむ来場者

 青森県八戸市の八戸パークホテルで16日、ジンギスカンなどの肉料理を楽しめる「ミートガーデン」が始まった。オープニングパーティーに訪れた約40人は、会場の日本庭園を眺めながら肉料理に舌鼓を打った。

 肉料理を存分に楽しんでほしい-と恒例のビアガーデンを「ミートガーデン」と命名。新型コロナウイルス感染防止のため、席を9卓と大幅に減らし、1卓当たりの人数も4人に制限して開催している。

 同市の会社員福井仁さん(61)と自営業櫛引龍二さん(67)は、青森シャモロック、美保野ポークといった地元食材を使った「味くらべコース」を堪能。福井さんは「お肉もビールも最高においしい」、櫛引さんは「屋外で少人数なので、安心して料理を楽しめる」と話していた。

 このほか、定番の「生ラムジンギスカンコース」、県南のブランド牛を楽しめる「NAMIKI牛&毬姫牛(まりひめうし)コース」などがある。営業は9月12日までで、午後5~9時(日曜は正午~午後3時も営業)。問い合わせは同ホテル(0178-43-1111)へ。

八戸市

青森
新たに4種「11ぴきのねこ」日付印/三戸
青森
27の「置山車」展示へ/八戸三社大祭・代替行事
青森
八戸・マリエントで「紅サーモン」の企画展
青森
印象的な18枚一堂に 11日から工藤正市写真展/八戸
青森
忘れ物の傘、よみがえった 市民デザイン、3日からはっちで展示