寒立馬、出産シーズン迎える/東通村

草をはむ寒立馬と、そばでうたた寝する子馬=29日午後2時5分ごろ、東通村尻屋崎

 青森県東通村に生息する県天然記念物「寒立馬(かんだちめ)」が出産シーズンを迎えている。村によると、今年は4月からこれまでに4頭の子馬が生まれた。尻屋崎に吹く潮風を受けながら、すくすくと成長している。

 29日午後、尻屋埼灯台近くの海岸沿いの斜面。晴天の下、子馬を囲むように、5頭ほどの寒立馬が歩いていた。立ち止まり、草をはみ、また悠々と灯台の方向へ。子馬は母馬を追いかけては、じゃれついたり、うたた寝を始めたり、のんびりと過ごしていた。

 現在、寒立馬は29頭。今年は7月ごろまでに、あと4~5頭の子馬が生まれる見込みという。村つくり育てる農林水産課の真手義照農林推進監は「ここ数年は生まれる子馬が少なかったが、今年は順調に出産が進んでいる。子馬が元気に育つよう、見守っていきたい」と話した。

東通村

青森
栗原心平さんが下北の食を全国に発信
青森
青森県漁連「流通PRセンター」14日フェア
青森
東通ヒラメ重、2年余りで1万食突破
青森
東通村の新ご当地グルメ「ヒラメ重」お披露目
青森
【連載うまい森・味めぐり】山海の幸に地酒・祈水/東通