武者、勇猛果敢 弘前ねぷたの鏡絵制作佳境

鏡絵に追い描きの作業を行う龍仙さん=14日、弘前市熊嶋

 弘前ねぷたまつり(8月1~7日)を前に、青森県弘前市では鏡絵の制作が佳境を迎えている。

 同市熊嶋のねぷた絵師・聖龍院=しょうりゅういん=(八嶋)龍仙さん(77)は14日、自宅のアトリエで鏡絵にろう描きを加える「追い描き」を行い、仕上げの作業に取りかかった。

 制作しているのは弘前大学ねぷた実行委員会の扇ねぷた「黄忠炎中奮戦之図(こうちゅうえんちゅうふんせんのず)」で高さ約6メートル、幅約7メートル。市内のねぷた絵師では最高齢だという自分と重ね合わせ、三国志から、老将「黄忠」が炎の中で勇猛果敢に戦う場面を題材に選んだ。

 龍仙さんは「高齢になった自分だが、若い人に負けていられないという思いを表現するような、大胆で迫力あるものになった。コロナも明け、さまざまな年齢の人で盛り上がるまつりになれば」と汗を拭った。

弘前市

青森
「弘前忍者屋敷」案内が生きがい
青森
コラボ事業が街盛り上げ 弘前・平川が舞台のアニメ「じいさんばあさん若返る」 写真展やねぷた展示
青森
城下町彩る金魚ねぷた 弘前市で8月末まで
青森
五輪盛り上げる日仏友好の金魚ねぷた/弘前
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド