小川原湖産シラウオ味わって 23日から「丼まつり」/東北町

 青森県東北町内の飲食店や温泉旅館などでつくる宝湖活性化協議会(和田富雄会長)は23~26日、小川原湖産のシラウオのPRに向けた「第5回しらうお丼まつり」を開く。

 今回は、昨年と同じ町内の飲食店10店舗がそれぞれ工夫を凝らした自慢の丼メニューを、シジミ汁をつけて1食800円で提供する。シラウオは加熱または適切に温度管理された冷凍のものを使用する。全店舗予約制。各店舗で予約を受け付ける。生や漬け、かき揚げなど各店舗でメニューが異なる。期間中に丼を食べた人はアンケートに記入して応募すると、抽選で50人に町の名産品が当たる。

 参加店の一つで同町上北南2丁目の「お食事の和幸」店主でもある和田会長は「今年は関東方面から多くのお客さまが小川原湖の食を味わいに来てくれている。万全の態勢で安全・安心なシラウオを提供するので、地元の多くの人に湖の幸を味わってもらい、地域経済活性化につなげたい」と話した。問い合わせは協議会事務局の町商工観光課(電話0176-56-3111)へ。

東北町

青森
デザイン角巻の巡回展が東北町で
青森
しらうお丼まつり 東北町10店舗で始まる
青森
GMUのふるさとナビ3 東北町・美味満彩祭り
青森
縄文カード第2弾、青森県の出土品網羅
青森
キッチンカー38台集合/道の駅おがわら湖