闇夜の桜 津鉄と共に/芦野公園ライトアップ

ライトアップされた「桜のトンネル」の中を走る津軽鉄道の列車=13日午後7時過ぎ、五所川原市金木町

 青森県五所川原市金木町の津軽鉄道・芦野公園駅で13日、春のライトアップが始まった。六~七分咲きの桜が光に照らされ、「桜のトンネル」がいっそう華やかな雰囲気に包まれた。

 同社(澤田長二郎社長)と津軽鉄道サポーターズクラブ(高瀬英人会長)が昨年12月から今年3月末まで実施していたライトアップ企画を、桜の開花に合わせて再開させた。花びらが散ってなくなるまで毎日午後6時から同9時まで、60基の発光ダイオード(LED)投光器で明るく照らす。

 春のライトアップは昨年に続き2回目。友人と一眼レフカメラで撮影していた向井駿さん(20)=おいらせ町=は「昼間の桜はあるが、夜に見に来たのは初めて。闇に映える桜が美しい」と感激していた。

 同公園では29日~5月5日、金木桜まつり(実行委員会主催)が4年ぶりに通常通り開催される。今月22~29日は「準まつり期間」として露店営業やぼんぼり点灯を行う。

 津軽鉄道は22~30日、花見客の増加が見込まれるとして、朝から昼にかけて列車を1往復増やした特別ダイヤで運行する。

五所川原市

青森
三味線会館 来館100万人/五所川原
青森
五穀豊穣願い虫送り/五所川原・相内地区
青森
日本酒「六根ルビー」特別ラベル 立佞武多の館(五所川原)発売 新作「閻魔」の下絵採用
青森
津軽鉄道駅命名権 4駅の愛称決まる
青森
五所川原立佞武多、今夏は吹き流し方式で