彩り豊か、50回目の「はちのへ菊まつり」

愛好家が丹精込めて育てた菊が並ぶ「はちのへ菊まつり」

 第50回はちのへ菊まつり(青森県八戸市、八戸市を緑にする会主催)が6日、八戸市の「はっち」と「マチニワ」を会場に開幕した。市内の菊作り愛好家をはじめ老人クラブ会員、小中学生らが丹精込めて育てた菊の大輪や盆栽、切り花、菊人形など約300点が並び、来場者を楽しませている。8日まで。

 菊まつりは、八戸市民の花である菊に親しんでもらおうと毎年開いている。展示のメインとなっている「奥州菊」は八戸の発祥とされており、花の真ん中の部分を周囲の花びらが丸く包み込み、外側の花びらが垂れ下がっているのが特徴。八戸菊花会の工藤亮悦会長(76)によると、今年は7月に気温が高く、8月は低温になるなど育て方が難しかったが、遅咲きの品種を合わせて見応えのある咲き映えにしたという。

 50回の節目について、工藤会長は「会員が高齢化しており、新たな会員を増やしたい。八戸の伝統ある菊作りを絶やさないよう、若い人たちに伝えていきたい」と語った。緑にする会の赤澤榮治会長(66)は「新型コロナウイルスの影響が心配されたが、多くの人の協力で今年も開催できた。八戸市民は緑を愛する気持ちが強い。心のやすらぎが必要な時代だからこそ、これからも続けていきたい」と話していた。

 各部門の優等賞は次の通り(○は一席)。

▽大菊の部 ○中村清治、高橋忠治、工藤亮悦、金濱実、副島洋子、川口武夫、松川充、田村俊夫
▽懸崖の部 ○関口一雄、関下石丸、高橋忠治
▽盆栽の部 ○中村清治、細越繁雄、高橋忠治
▽切り花の部 中村清治、川口武夫
▽福助の部 金濱実、中村清治
▽ミニ懸崖の部 細越繁雄
▽杉・玉の部 高橋忠治
▽千輪の部 高橋忠治

菊人形「川中島の戦い」


八戸市

青森
新たに4種「11ぴきのねこ」日付印/三戸
青森
27の「置山車」展示へ/八戸三社大祭・代替行事
青森
八戸・マリエントで「紅サーモン」の企画展
青森
印象的な18枚一堂に 11日から工藤正市写真展/八戸
青森
忘れ物の傘、よみがえった 市民デザイン、3日からはっちで展示