GMUのふるさとナビ 田舎館・いちごスイーツ


 青森県田舎館村で家族連れやカップルに大人気の「観光いちご園アグリいーな田んぼアートの里」(佐藤遼樹代表)。今回はGMU堀川あい、嶋村咲、藤本ほのみ-の3人が、新鮮果実の風味たっぷりに仕上げた「いちごスイーツ」各種の魅力をお届けします。

 アグリいーながあるのは、お城のような外観の村役場近く。佐藤代表は「温泉熱を活用したハウスで冬もイチゴ狩りが楽しめるほか、ドライフルーツや焼き菓子も女性やお子さんに好評です」と教えてくれました。各種スイーツは、ふるさと納税の返礼品としても人気。アグリいーなホームページからも購入できます。

 いよいよ試食タイム。まず砂糖や添加物を一切使わない乾燥製品「ドライいちご」(30グラム入り300円)を頂きます。「かめばかむほどイチゴの酸味と甘みがどんどん出てくる」(堀川)という凝縮された味わいが特長で、お菓子づくりの材料にもぴったりです。

 2品目の「ミニパウンド」(1個180円)は「生地がとってもしっとりしてて、ドライいちごの風味たっぷり」(嶋村)。イチゴの甘酸っぱさが、じんわり伝わってくるケーキです。そして、粉砂糖をまぶした米粉クッキー「ストロベリーボール」(1袋200円)の魅力は「サクサクなのに蜂蜜のおかげでしっとり。イチゴの粒々も楽しめる」(藤本)という多彩な食感にあります。

 村が誇る田んぼアートやスノーアート、石アートは、全国的にも知られる名物イベントになりました。鈴木孝雄村長は「村のイチゴ作りは35年ほどの歴史があり、どの時期に来ても楽しんでもらえるようになりました。栽培技術も向上しており(村の活性化に)今後も期待しています」と話していました。

◆◆◆ここがオススメ◆◆◆

 ■観光スポット さまざまな色の稲で描く「田んぼアート」/スノーアート/石アート/お城のような外観の村役場庁舎/垂柳遺跡/道の駅いなかだて「弥生の里」/村埋蔵文化財センター/田舎舘城趾

 ■食・お土産 おいしいコメ「あさゆき」/通年栽培のハウスいちご/花卉(かき)/稲わら工芸品「祝い亀」

 ■問い合わせ 村役場企画観光課(TEL0172-58-2111)

いちごスイーツの魅力を満喫したGMUメンバー(左から藤本ほのみ、嶋村咲、堀川あい)

観光いちご園など田舎館村の魅力を語る鈴木孝雄村長

田舎館産イチゴを使ったスイーツ

2018年の田んぼアート「ローマの休日」

田舎館村

青森
「いとみち」田んぼアートが見ごろ
青森
マスク多彩、田舎館でコンテスト
青森
津軽まちあるき実行委、ガイド本と動画制作
青森
田んぼアート、今年のテーマは「いとみち」
青森
周遊観光楽しんで/青森県が交通情報サイト開設