佐井村産ホップの地ビール 16日に再販売

完成したクラフトビールを一本一本検品するメンバー

 青森県佐井村産ホップを使ったクラフトビール(地ビール)が16日から再販売される。3月に販売したが、約1カ月で900本を完売。村内外から再販売を望む声が寄せられていた。

 オレンジピールの香りが漂う「佐井の夕陽エール」(税込み880円)、黒ビール「福浦の歌舞伎ブラック」(同)、村内のカシス畑をイメージした「海辺のカシス」(同968円)の3種類計1800本を村内3店舗で販売する。

 14日は、村民有志でつくるホップ栽培プロジェクトのメンバーがラベルが剥がれていたり瓶にひびが入っていたりしないか、完成した地ビールを一本一本確認し、店へ届けた。

 プロジェクトリーダーの奥本太朗さん(49)は「前回飲めなかった人にも味わってほしい。今回は買った人にアンケートを取り、今後の活動に生かしていく」と語った。

佐井村

青森
新ビール「朝凪」発売 佐井産ホップ100%
青森
GMUのふるさとナビ2 佐井・津軽海峡のウニ
青森
佐井の築150年の古民家を再生、交流拠点に
青森
GMUのふるさとナビ 佐井・アピオス商品
青森
佐井のビール 津鉄で飲もう/五所川原