豪華絢爛シダレザクラ 大館市・浄応寺

鮮やかに咲く浄応寺のシダレザクラ。奥が樹齢400年と推定される古木(小型無人機で撮影)
 秋田県大館市字大館の浄応寺には2本のシダレザクラがある。樹齢400年と推定される高さ約7メートルの古木と、その枝を挿し木したもの。ともに満開となった境内は、豪華絢爛(けんらん)といった雰囲気だ。



 譽田正司住職(61)によると、寺は1610年に初代大館城代となった小場義成から現在地を与えられた。その記念として京都・円山公園の桜の若木が境内に移植され、今に残る。

 もう一方の桜は戊辰戦争の戦火で樹勢が衰えた際、万が一に備えて挿し木されたとされ、今では隣り合う「初代」を超える高さに成長している。

 境内の出入りは自由。桜の時期には散歩の市民や観光客、カメラマンのほか、カップ酒を手にした酔客も見られるという。

 「市民に愛され続けている。枯れさせるわけにはいかない」と譽田住職。樹木医に見てもらい、土を入れ替えるなどして、手入れを続けている。

大館市

秋田
高さ9・3メートルの大のぼり、天井突き破るかのような迫力
秋田
華やかなおひなさまにうっとり 大館、7日まで展示
秋田
イベントなし…コロナ下の「大館アメッコ市」開幕
秋田
「恐竜かぼちゃ」登場! 大館市比内町の浴場
秋田
「青ガエル」大館で公開 「忠犬ハチ公」が仲立ち