大館曲げわっぱ(秋田県大館市)

 佐竹氏の移封(1602年)後、大館城代となった佐竹西家が領内の豊富な天然秋田杉を利用して下級武士の副業として奨励したのが始まりとされる。

 秋田杉の美しい正目や香りが多くの人を魅了、おひつや盆、茶筒など多様な商品が販売され、特に「軽く、ご飯の余計な水分を吸収するのでおいしく食べられる」と弁当箱が人気を集めている。1980年に伝統的工芸品に指定された。

大館市

秋田
貴重な「遺産」きれいに! 旧小坂鉄道茂内駅を草刈り
秋田
大館きりたんぽまつり、ドーム開催は断念 別形式を検討
秋田
大館市「秋田犬の里」、感染対策徹底します 6月1日再開
秋田
秋田犬もふもふリュックいかが? 大館能代空港で限定販売
秋田
緊急制限解除後、初の週末 動物園や道の駅に再び活気、県内