大館曲げわっぱ(秋田県大館市)

 佐竹氏の移封(1602年)後、大館城代となった佐竹西家が領内の豊富な天然秋田杉を利用して下級武士の副業として奨励したのが始まりとされる。

 秋田杉の美しい正目や香りが多くの人を魅了、おひつや盆、茶筒など多様な商品が販売され、特に「軽く、ご飯の余計な水分を吸収するのでおいしく食べられる」と弁当箱が人気を集めている。1980年に伝統的工芸品に指定された。

大館市

秋田
色とりどりのフジ見頃、例年より開花早く 大館市・藤の郷
秋田
大館市、桜の開花を発表 桂城公園で桜まつり開幕
秋田
忠犬ハチ公生誕100年、故郷でお祝い 12日まで催し多彩
秋田
じゃこ天ときりたんぽ一緒にどうぞ! 都内イベントでブース隣り合い「共演」
秋田
大館新駅舎が供用開始 木の風合い演出、地場産品コーナーも新設