大館曲げわっぱ(秋田県大館市)

 佐竹氏の移封(1602年)後、大館城代となった佐竹西家が領内の豊富な天然秋田杉を利用して下級武士の副業として奨励したのが始まりとされる。

 秋田杉の美しい正目や香りが多くの人を魅了、おひつや盆、茶筒など多様な商品が販売され、特に「軽く、ご飯の余計な水分を吸収するのでおいしく食べられる」と弁当箱が人気を集めている。1980年に伝統的工芸品に指定された。

大館市

秋田
彩り豊かなフジ、田んぼに映える! 大館「藤の郷」で満開
秋田
高さ9・3メートルの大のぼり、天井突き破るかのような迫力
秋田
豪華絢爛シダレザクラ 大館市・浄応寺
秋田
華やかなおひなさまにうっとり 大館、7日まで展示
秋田
イベントなし…コロナ下の「大館アメッコ市」開幕