【写真右】「イカのカーテン」を描いた鯵ケ沢駅の「駅スタンプ」【同左】駅舎の土偶を描いた木造駅の「駅スタンプ」(いずれもJR秋田支社提供)

 JR東日本秋田支社は18日、4月から始まる大型観光企画「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせて五能線沿線の魅力をPRしようと、観光列車「リゾートしらかみ」の停車駅に設置しているスタンプを同日から順次リニューアルすると発表した。

 リニューアルするのは、青森県の川部、藤崎、板柳、陸奥鶴田、木造、陸奥森田、鯵ケ沢、深浦、ウェスパ椿山、十二湖と、秋田県の岩館、あきた白神、能代の計13駅。

 従来のスタンプは、リゾートしらかみの3種類の車両の先頭を描いたものだったが、今回は駅ごとに異なる図柄と色に変更する。

 鯵ケ沢は海岸沿いの「イカのカーテン」、木造は「駅舎の土偶」、藤崎は「岩木山とりんご畑」など、駅周辺の風物詩を郷土色豊かに取り上げている。

 ウェスパ椿山には物産館が営業再開し次第、設置する。それまでは深浦駅に置く。立佞武多(たちねぷた)を描いた五所川原は昨年8月、東能代は12月にリニューアル済み。

東北DCに合わせリニューアルする五能線の「駅スタンプ」(JR秋田支社提供)










田舎館村

青森
輝く稲穂に導かれ 公民館、体育館でイルミ企画/田舎館
青森
歩いてポイントゲット 9月「古津軽ウィーク」
青森
「モナリザ」など田んぼアート見ごろ/田舎館
青森
「縄文」祝福 田んぼアート/地元中高生が田植え
青森
田舎館・田んぼアート今年は「モナリザ」「湖畔」