三沢航空科学館、4月20日リニューアル

 青森県は4日、休館工事中の県立三沢航空科学館(三沢市)を4月20日にリニューアルオープンすると発表した。革新的な小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の技術実証機の特別展示室を1階に設置。新設の2階宇宙ゾーンには、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力による「小惑星探査機はやぶさ2」の原寸大模型などを展示する。

 ホンダジェットは、藤野道格(みちまさ)氏(弘前高-東大出)が社長を務めるホンダ米子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー」が開発した。はやぶさ2は、JAXAの川口淳一郎特任教授(弘前市出身)がプロジェクトマネージャーを務め、小惑星で試料を採取して地球に持ち帰ることに世界で初めて成功した「はやぶさ」の後継機。

 展示には多くの企業・試験研究機関が協力。NECによる「空飛ぶクルマ」の模型や、JAXAとトヨタ自動車による、月面走行を目指すモビリティ「ルナ・クルーザー」の模型なども展示する。

三沢市

青森
10市の魅力、3年ぶり集結/三沢で大祭典
青森
県民文化祭、三沢で開幕/多彩な演目披露
青森
10市大祭典 三沢で9月24、25日開催
青森
3年ぶり三沢まつり、鮮やかな山車堂々と
青森
大三沢リッドルスタジアム跡 日本野球の「聖地・名所」に