身近なお得情報投稿を 三沢市・みーなび

三沢市が運用している「みーなび」のサイト画面

 青森県三沢市が民間事業者と協働で準公式サイト「みーなび」の運用を始め、約3カ月が過ぎた。小さな催しや趣味の集まり、割引サービスなど公式サイトに掲載できないような「身近なお得情報」を盛り込んでいる。投稿は無料で、担当者は「市の盛り上げのため、ささいなことでも情報提供を」と呼びかけている。

 市のホームページは、市の事業やサービスのほか、市主催・共催イベントの紹介に限られる。みーなびは地域に密着した細かな情報を伝え、市民の活動や地域コミュニティーの活性化を後押しするのが目的。行政と民間の情報を合わせて発信する取り組みは、県内で初めてという。運営は市内企業約30社の広告料で賄われている。

 提供する情報の内容は、交流イベントの開催日時やサークル活動の仲間集め、パート・正社員の募集といった求人-など。市民や民間企業による投稿が市や事業者の審査を経てアップされる。人気食堂の一押しメニューや、品薄の飲料品が購入できる場所といったユニークな情報も取り上げられている。

 課題は認知度不足。月の投稿数は30~40件と目標を20件ほど下回っている。市は人気飲食店の情報掲載も視野に入れ、てこ入れを図っていく。市広報広聴課の渡部巧跳(たくと)係長は「三沢情報を丸ごとカバーしたい。観光客にも利用してもらえたら」と話す。

 投稿や内容に関する問い合わせは同課(電話0176-53-5111)へ。

三沢市

青森
時代映すポスター展示 三沢・先人記念館
青森
6月23日に三沢アメリカンデー
青森
GWどこ行く? 青森県内イベント多彩
青森
青森屋大浴場にねぶたサウナ完成/三沢
青森
三沢基地航空祭、9月8日に開催 曲技飛行予定なし