バター餅(秋田県北秋田市)

本場の味「北あきたバター餅」
 北秋田市で古くからお茶請けとして親しまれてきたのがバター餅。材料はもち米とバター、砂糖などで、柔らかな食感が特徴だ。地元の素朴なお菓子だったが、3年前に新聞やテレビ番組で大々的に紹介されたのをきっかけに、知名度が飛躍的にアップした。

 製造業者らでつくる「日本バター餅協会」は、市内8業者の製品を「北あきたバター餅」として認定、本場の味をPRしている。「北あきたバター餅」は市内の道の駅やスーパー、秋田内陸線の駅などで買うことができ、食べ比べするのも楽しい。

北秋田市

秋田
薄紅色の帯、色鮮やか 阿仁河川公園で150本見頃
秋田
アイスモンスター間近で 森吉山の樹氷が見頃
秋田
世界遺産見学の後は縄文スイーツ! 北秋田のカフェなど提供
秋田
雪原に縄文風スノーアート登場 内陸線・縄文小ケ田駅前
秋田
バター餅、洋菓子風にしてみました 冬季限定商品が好評