開幕まで1週間 囃子練習、山車制作急ピッチ

お囃子の練習をする子どもたち=23日午後7時40分、八戸市長根の下久根公園

 八戸三社大祭まで23日で1週間。27組ある山車組では、囃子(はやし)の練習や山車制作が大詰めを迎えている。祭りは31日の前夜祭で開幕、8月4日まで。

 「ヨーイサ、ヨイサ」「ヤーレヤーレヤーレ」。23日午後7時ごろ、同市長根の下久根公園では、賣市(うるいち)附祭(つけまつり)山車組の囃子組の子どもたちが、元気に稽古に励んでいた。

 同組の稽古は7月上旬に始まった。小学生から高校生まで約60人が笛や太鼓を演奏。小学生は太鼓、中学・高校生は笛を担当している。

 囃子を指導する川口慎一郎さん(27)は「今年は半数ぐらいが初心者だが、元気とパワーはどこの組にも負けていない」と自信を見せる。今年から太鼓に挑戦している佐藤祐希君(根城小6年)は「難しいところもあるが上達してきた。本番が楽しみ」と話した。

 近くの山車小屋では5月に始まった山車制作が大詰めを迎え、細部のパーツ製作や組み立て作業が急ピッチで進められている。山車組責任者の松本康孝さん(43)は「子どもたちが誇りを持って参加できる祭りにしたい」と語った。

八戸市

青森
青函で体験型「健康づくり」博が始動
青森
全国路地サミットが八戸で開幕
青森
鯖サミット(11/2-3)八戸開催へ向け 築地でPR
青森
幕末の浮世絵師コラボ/八戸・街かどミュージアム
青森
都こんぶと日本酒コラボ/八戸酒類・20日発売