弘南鉄道大鰐線で金魚ねぷた列車スタート


 弘南鉄道大鰐線(中央弘前-大鰐)で6日、恒例の金魚ねぷた列車の運行が始まった。消灯された車内が金魚ねぷたの温かみのある明かりで照らされ、幻想的な雰囲気に包まれた。

 金魚ねぷた列車は、金魚ねぷた約350個と電飾を取り付けた。土、日曜と祝日の午後5時半以降に出発する列車は、車内が金魚ねぷたの明かりのみとなる。

 午後7時半に中央弘前駅から出発した便には約20人が乗り込み、揺れる金魚ねぷたや、ほのかな明かりに包まれる車内を写真に収めるなどして楽しんだ。旅行で新潟県から訪れた広川楓さん(28)は「こんなにきれいだとは思わなかった。金魚ねぷたがゆらゆら揺れてかわいい」と感動した様子だった。運行は8月31日までで1日8往復する。

列車内を照らす金魚ねぷた=6日午後7時35分ごろ

弘前市

青森
「弘前忍者屋敷」案内が生きがい
青森
コラボ事業が街盛り上げ 弘前・平川が舞台のアニメ「じいさんばあさん若返る」 写真展やねぷた展示
青森
城下町彩る金魚ねぷた 弘前市で8月末まで
青森
五輪盛り上げる日仏友好の金魚ねぷた/弘前
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド