フランスで日本酒コンクール/八戸酒造「トップ14」2点

コンクールでトップ14に選出された八戸酒造の日本酒

 フランスで開かれた日本酒コンクール「Kura Master」で、青森県八戸市の八戸酒造(駒井庄三郎社長)が出品した日本酒2点が「トップ14」にノミネートされた。7月上旬には最高賞に当たる「プレジデント賞」が発表される予定。同社は「『陸奥八仙』が世界中の多くの人に飲まれるきっかけになればうれしい」と期待している。

 コンクールは2017年に始まり、今年で3回目。今回は(1)純米酒(2)純米大吟醸酒(3)スパークリングスタンダード(4)スパークリングソフト-の4部門に、271蔵元から過去最多となる720銘柄が出品された。

 同社は純米酒部門で「陸奥八仙 赤ラベル」、スパークリングスタンダード部門で「陸奥八仙 Natural Sparkling Premium」が最高評価のプラチナを受賞。その中でも特に優れているとして、全部門を通しての上位14銘柄に選出された。

 同社によると、赤ラベルは八仙ブランドの定番で芳醇(ほうじゅん)な味わいが特長。スパークリングは出荷本数こそ少ないが、爽やかな口当たりからファンが多いという。

 企画・広報を担当する今川和佳子さんは「フランスやイタリアを中心に日本酒の市場は拡大している。常に進化を続けている陸奥八仙を世界へと売り込んでいきたい」と話した。

八戸市

青森
青函で体験型「健康づくり」博が始動
青森
全国路地サミットが八戸で開幕
青森
鯖サミット(11/2-3)八戸開催へ向け 築地でPR
青森
幕末の浮世絵師コラボ/八戸・街かどミュージアム
青森
都こんぶと日本酒コラボ/八戸酒類・20日発売