「雪の回廊」ゴールドライン4月1日開通


 青森市-十和田湖間を結ぶ「八甲田・十和田ゴールドライン(国道103号)」で29日、冬季閉鎖されていた区間約8キロの除雪が終了した。長い間雪に閉ざされていた観光ルートが「雪の回廊」でつながり、山間部に春を告げた。全面開通は4月1日午前9時。

 八甲田除雪隊による除雪作業は青森市側(酸ケ湯)と十和田市側(谷地)から2月下旬に始まり、隊員20人が重機10台を稼働して連日行われた。

 29日は青空の下、傘松峠付近で双方のロータリー除雪車が最後に残った雪を吹き飛ばしてドッキング。貫通式では「八甲田除雪隊の歌」を合唱して貫通を祝った。

 雪の壁は高いところで6.5メートル、平均5メートルほど。青森市側の作見晃一隊長によると、3月の好天や雨で雪解けが進み、例年よりは壁は低いという。作見隊長は「あっという間に解けるので、早めにきれいな壁を見に来てほしい」と話した。

最後に残った雪を青森市側(手前)と十和田市側(右隣)の除雪車が吹き飛ばし、貫通した八甲田・十和田ゴールドライン。奥は高田大岳=29日午前10時過ぎ、傘松峠付近(本社ドローンから撮影)

青森市

青森
世界遺産の三内丸山遺跡 本年度の発掘開始
青森
スイレン優美に/青森・合浦公園
青森
温泉廃業防げ 愛好家が提言/青森で集い
青森
アザラシの赤ちゃん すくすくと/浅虫水族館
青森
青森県発 新音楽イベント6月開催