目に鮮やか「つるし飾り」八戸のホテル展示

八戸パークホテルに展示している「つるし飾り」

 青森県八戸市吹上1丁目の八戸パークホテルで、27日まで「つるし飾り」の展示が行われており、来館者の目を楽しませている。

 つるし飾りは、ひな人形の両脇に飾るものとして、江戸時代に始まったとされている。「無病息災」や「衣食住に困らないように」などの願いを込めて飾るという。

 会場には、人形や花、魚、鳥、動物、野菜、遊び道具などさまざまな飾りが付けられた29本が並んでいる。「鶴」は長寿や健康への祈り、「俵」は五穀豊穣(ほうじょう)など、一つ一つの飾りに異なる意味やいわれがある。

 同ホテルの原守男営業本部長は「つるし飾りは日本古来の文化。一つ一つがかわいらしく、華やかな飾りをぜひ見てほしい」と話している。

八戸市

青森
アジア圏のバーランキング 「ark-」67位にジャンプ
青森
気分はもう夏、ビアガーデン営業開始/八戸市
青森
武者人形 表情りりしく/八戸パークホテルで展示
青森
大型連休折り返し、青森県内の客足は復調傾向
青森
八戸市美術館リニューアル半年 多彩な企画