基準木が開花した黒石市の東公園さくら山の桜=14日午前

 黒石観光協会(石澤照代会長)は14日、青森県黒石市東(あずま)公園さくら山の桜の開花を宣言した。観測データを取り始めた1993年以降で最も早い。見ごろは天候にもよるが、20~25日ごろと見込んでいる。

 同協会が14日朝、基準木のソメイヨシノの花が5輪以上咲いていることを確認した。

 これまでの最速は2002年の4月15日で1日更新した。同協会は3月の気温が高めに推移したことが要因とみている。

 同公園にはソメイヨシノやヤマザクラなど52種類、約650本の桜があり、ヒガンザクラはすでに見ごろを迎えている。24~29日に同公園で開催予定の「黒石さくらまつり」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため食べ歩きや飲酒、バーベキューを禁止としており、園内には飲食スペースと立ち入り禁止区域を分けるフェンスが設置されている。

 同協会の野呂淳一専務理事は「一番早い開花となったが、少しでも長く桜の見ごろが続くことと、コロナが拡大しないことを祈っている」と話した。

黒石市

青森
黒石・世界最長の登り窯に火入れ
青森
弘南鉄道弘南線でピンクアート列車運行
青森
黒石こみせまつり 芸能や出店に笑顔
青森
弘南線沿線にピンクのアート列車 14日から運行
青森
弘南鉄道開業95周年 記念ステッカー配布 岩手競馬でレースも