涙を流すマリア像(秋田市)

 秋田市添川のカトリック修道院「聖体奉仕会」にあるマリア像。

 高さ約1・2メートル(台座含む)の木像で、同市の彫刻家故若狭三郎さんが1963年に制作。75年から81年までに計101回「涙」を流したことで話題となり、海外でも知られるようになった。落涙は秋田大、岐阜大の両法医学教室で「ヒトの体液」と鑑定された。

 カトリック教会ローマ教区が2013年10月、世界10カ所の聖母巡礼所を衛星中継で結んで行った「聖母とともに過ごす祈りの夜」では、東アジアで唯一、同修道院が選ばれた。

 近年は東南アジアを中心に米国や欧州など海外から毎年4千~5千人ほどが訪れる。

秋田市

秋田
メトロ屋上でBBQできる! 別館開業企画、10月3日まで
秋田
人気の「うどんそば自販機」、Tシャツなどグッズできました
秋田
観光レディー「秋田のファン増やす」 新メンバー3人に委嘱状
秋田
県民に親しまれる、あの味がおかきに 3社共同開発、商品化
秋田
来場者、画家の労力に思いはせる 9日まで春の院展・秋田展