涙を流すマリア像(秋田市)

 秋田市添川のカトリック修道院「聖体奉仕会」にあるマリア像。

 高さ約1・2メートル(台座含む)の木像で、同市の彫刻家故若狭三郎さんが1963年に制作。75年から81年までに計101回「涙」を流したことで話題となり、海外でも知られるようになった。落涙は秋田大、岐阜大の両法医学教室で「ヒトの体液」と鑑定された。

 カトリック教会ローマ教区が2013年10月、世界10カ所の聖母巡礼所を衛星中継で結んで行った「聖母とともに過ごす祈りの夜」では、東アジアで唯一、同修道院が選ばれた。

 近年は東南アジアを中心に米国や欧州など海外から毎年4千~5千人ほどが訪れる。

秋田市

秋田
中村知事が来秋「愛媛の味堪能を!」 じゃこ天など特産PR
秋田
クリスマスケーキに感謝込めて 大雨被災の洋菓子店、今月再開
秋田
大絵馬に勇壮な「辰」描く、秋田市・総社神社 来年の平和願い込め絵付け
秋田
カラフルなダリアやバラ、来場者を魅了 「県花の祭典」開幕
秋田
ヤマモミジ鮮やか、秋田市の旭川ダム公園 今年はクマに気をつけて