自然薯、滋養にいかが/道の駅いかりがせきで販売

道の駅いかりがせきで販売が始まった平川市碇ケ関地区名産の自然薯

 青森県平川市碇ケ関地区名産の自然薯(じねんじょ)の販売が22日、同市の道の駅いかりがせきで始まった。強い粘りと独特の風味が特徴で、初日からまとめ買いする買い物客などでにぎわった。

 例年、自然薯を使った食品販売やお汁粉の無料振る舞いなどを行う「自然薯まつり」を開いているが、新型コロナウイルス感染防止対策のため、今年は中止となった。

 同日は、地元の建設業者でつくる「津軽碇ケ関自然薯生産組合」に所属する白戸建設と一戸施設工業が生産した自然薯約300本を直売所で販売した。価格は2千~3千円程度で、昨年より太くて長いものが多く並んだ。

 道の駅を運営する碇ケ関開発の桑田直樹代表取締役社長は「これからの寒い季節、自然薯を食べて乗り切ってほしい」と話した。道の駅では、自然薯を使ったラーメンやギョーザなども販売している。

平川市

青森
猿賀公園のボート 4月3日から営業/平川
青森
津軽まちあるき実行委、ガイド本と動画制作
青森
周遊観光楽しんで/青森県が交通情報サイト開設
青森
平川市郷土資料館がリニューアルオープン
青森
八甲田の壮大な山々、上空からくっきり