春招くように 盛美園で雪囲い取り外し

盛美園の樹木の雪囲いを取り外す庭師たち

 青森県平川市猿賀の国指定名勝盛美園で29日、雪の重みから樹木を守っていた雪囲いの取り外しが始まり、地元造園業者の7人が春の訪れを招き込むように手際よく作業を進めていた。4月6日に開園予定。

 今年の園内は2週間ほど前から全く雪がなくなった。庭師たちは雪囲いの縄をほどき、マツやイチイなどの樹木を覆っていた支柱や板を外していった。作業は1週間ほど続く。

 地元の就労継続支援B型事業所「きりんの里」からも5人が出て、清掃に汗を流していた。

 平川市観光協会の須藤力主任は「外国クルーズ船の予約が既に10件以上入っており、外国人にとっては和洋折衷の空間が不思議なようで人気。地元の人たちにもぜひ見に来てほしい」と呼びかけていた。

 営業時間は午前9時~午後5時(10~11月は午後4時半まで)。料金は大人500円、中・高校生330円、小学生220円。

平川市

青森
GMUのふるさとナビ4 平川・桃ジュース
青森
GWどこ行く? 青森県内イベント多彩
青森
弘南鉄道「津軽時巡号」デビュー
青森
GMUのふるさとナビ3 平川・自然薯たこ焼き
青森
冬本番へ除雪準備/弘南鉄道ラッセル車試運転