盛美園、冬支度 紅葉まだ見ごろ/平川

紅葉の見ごろが続く盛美園で、木々の雪囲い作業を進める造園業者

 青森県平川市の国名勝・盛美園(清藤浩之園主)で22日、園内の木々の雪囲い作業が始まった。夏の猛暑の影響で遅れた紅葉は、まだまだ見ごろ。例年とはひと味違った光景が広がる園内で、雪害から守るためにマツやイチイなど約350本を丸太などで囲っていく。作業は今月末まで続く予定。

 約1万2千平方メートルの庭園にはマツやツツジ、イチイなど約80種類、1300本ほどの木が植えられている。この日は、地元造園業者の6人が、木の周りに組んだ丸太に板をかけ、縄で固定していった。

 市観光協会によると、本年度の来園者は、コロナ禍前には及ばないものの回復傾向にあり、10月末時点で約1万1千人。今期の通常営業は26日までで、27日から来年4月上旬までは、事前予約制で開園する。

 同協会の須藤力さんは「雪囲いと紅葉の今年ならではの風景を楽しんでほしい。冬の園内も見に来てほしい」と話した。予約・問い合わせは同協会(電話0172-40-2231)へ。

平川市

青森
弘南鉄道「津軽時巡号」デビュー
青森
GMUのふるさとナビ3 平川・自然薯たこ焼き
青森
冬本番へ除雪準備/弘南鉄道ラッセル車試運転
青森
古遠部の湯 残したい/常連、長井さん(仙台)継承 平川・碇ケ関
青森
縄文カード第2弾、青森県の出土品網羅