冬本番へ除雪準備/弘南鉄道ラッセル車試運転

試運転で田園地帯を走るラッセル車=12日午前、平川市の尾上高校前駅付近

 弘南鉄道(本社・青森県平川市)は12日、弘南線(弘前-黒石間)で、1929(昭和4)年製造の国内最古の現役ラッセル車「キ104」の試運転を行い、本格的な降雪期に向け準備を進めた。

 同日午前9時過ぎ、運転士ら10人が黒石市の黒石駅に集まり、ラッセル車と電気機関車=23(大正12)年製造=に乗り込み、線路上の雪をかく「フランジャー」や車両両脇の「ウイング」の動作確認などを行った。

 その後、湿った雪が降る中、同駅を出発し、いくつかの駅に停車しながら、作業時の手順などを確認。約1時間半かけて弘前駅まで試運転した。

 船越信哉取締役常務は「(今冬は暖冬少雪といわれているが)ドカ雪が降ったりした時など、いろいろな対応ができる体制づくりをしたい。車両の故障などがないよう定期的に点検し、安全運転に努めていきたい」と話した。

 同社は大鰐線(大鰐-中央弘前間)にも37(昭和12)年製造のラッセル車「キ105」を配備しており、今後試運転を実施する。

試運転を前に職員たちがラッセル車の動作確認を行った=12日午前、黒石駅構内

平川市

青森
春招くように 盛美園で雪囲い取り外し
青森
弘南鉄道「津軽時巡号」デビュー
青森
GMUのふるさとナビ3 平川・自然薯たこ焼き
青森
古遠部の湯 残したい/常連、長井さん(仙台)継承 平川・碇ケ関
青森
盛美園、冬支度 紅葉まだ見ごろ/平川