22日に発売される「11ぴきのねこ」ラッピング電車の模型

 青森県三戸町ゆかりのキャラクター「11ぴきのねこ」がラッピングされた電車の模型が20日、県庁でお披露目された。「猫の日」の22日から、三戸町の「道の駅さんのへ」や青森市の浅虫温泉駅構内などで販売される。

 青い森鉄道の「11ぴきのねこラッピングトレイン」は昨年10月から運行。県外の「11ぴきのねこ」ファンや鉄道ファンから問い合わせがくるなど、人気となっている。

 模型は、玩具メーカーの「トミーテック」(本社・栃木県)が製作。実物の150分の1(長さ13センチ)サイズで、黄色とピンク色の2両をセットで販売する。価格は税抜き3600円。別売りの専用パーツを付けると、模型を走らせることもできる。

 この日のお披露目会で、三戸町の松尾和彦町長は「模型は非常に精巧で、実際に走るところを見て感動した。『11ぴきのねこ』が生まれた三戸町にぜひ来ていただきたい」と話した。

三戸町

青森
「11ぴきのねこ」グラスに/東北64郵便局で発売
青森
「11ぴきのねこ」ファン集合/三戸町初開催
青森
「11ぴきのねこ」のまち観光アプリ運用/三戸
青森
「11ぴきのねこ」で暑中見舞い 500セット、11日発売/三戸
青森
周遊観光楽しんで/青森県が交通情報サイト開設