田んぼアート「おしん」見ごろ 田舎館

見ごろを迎えつつある田んぼアート第1会場の「おしん」=5日、田舎館村

 青森県田舎館村名物「田んぼアート」は、NHK連続テレビ小説「おしん」を題材にした第1会場が、見ごろを迎えつつある。好天に恵まれた5日は県内外から観光客らが訪れ、感動の名場面に感嘆の声を上げていた。

 村役場東側の第1会場(約1万5千平方メートル)は、おしんが奉公のため両親の元を離れて川を下るシーンを、7色8品種の稲を使い再現。稲の成長とともに、親と子の感情的な表情がくっきりと浮かび上がり、まるで「おしん!」「母ちゃん! 父ちゃん!」と叫び合う声が聞こえてくるかのよう。

 村役場4階の展望台から観賞していた東京都の会社員女性(49)は「田んぼでこんなにもきれいに絵ができるのは素晴らしい。上手に再現できていてびっくり」と話した。

 第1会場と、幼児向け番組「おかあさんといっしょ」の人形劇「ガラピコぷ~」が題材の第2会場の見ごろは、ともに7月中旬から8月中旬の見込み。

田舎館村

青森
歩いてポイントゲット 9月「古津軽ウィーク」
青森
「モナリザ」など田んぼアート見ごろ/田舎館
青森
「縄文」祝福 田んぼアート/地元中高生が田植え
青森
田舎館・田んぼアート今年は「モナリザ」「湖畔」
青森
ねぷたグッズ 来年こそ/花柄取り入れ「地域を明るく」