津軽鉄道「風鈴列車」運行始まる

列車の揺れに合わせて涼しげな音色を響かせる風鈴

 青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道は1日、恒例の「風鈴列車」の運行を開始した。乗客が列車の揺れとともに響く涼しげな音色を楽しんでいる。運行は8月末まで。

 「走れメロス号」の車内や駅構内合わせて約120個の風鈴が飾られた。車内に飾り付けた風鈴は同市の津軽金山焼が制作。五所川原第一高校の生徒が昨年作成した、地域をPRする文章を日本語と英語で併記した短冊を結びつけている。乗客は、列車の揺れに合わせて「チリン」と鳴る音に聞き入り、車窓を眺めていた。

 仙台市から日帰りで訪れた成田丈二さんは「涼しい気分になるね。こういう催しを続けてほしい」と珍しげにカメラに収めていた。

五所川原市

青森
ゆらゆら車内で美酒美味、津鉄の魅力を食で創出
青森
営業40年、五所川原の屋台そば店
青森
「丑」のオブジェ、神社に飾り付け
青森
冬の風物詩「ストーブ列車」運行始まる
青森
中泊の街、きらめく電飾アート