十和田八幡平国立公園(秋田県鹿角市)

 秋田、岩手両県にまたがる原始性に富んだ景観と温泉が魅力の国立公園。約4万ヘクタールの区域に40余りの火山がある。鹿角市の南に位置する八幡平地区は1956年に編入された。

 八幡平では、気軽に高山植物の観察や温泉を楽しめる。鹿角市側から県道西根八幡平線(アスピーテライン)で山頂に向かうと、遊歩道が整備された大沼。さらに頂上を目指すと、噴泉や泥火山が見られる後生掛自然研究路、湯煙たなびくふけの湯。八幡平山頂付近の湖では融雪期に「ドラゴンアイ」という現象が見られ、近年人気を集めている。

鹿角市

秋田
豪華絢爛!勇壮! 3年ぶり「花輪ばやし」開幕
秋田
道の駅おおゆに新スポット「左多六神社」 悲しい物語知って
秋田
JR湯瀬温泉駅のトイレ、使用再開 鹿角市が無償で借り上げ
秋田
鹿角市総合運動公園で桜満開 訪れた市民「心晴れ晴れ」
秋田
雪の回廊、安全運転で楽しんで 八幡平アスピーテライン開通