大湯環状列石(秋田県鹿角市)

 大湯環状列石(ストーンサークル)は約4千年前の縄文後期遺跡。米代川支流の大湯川左岸の舌状台地上に位置する万座(直径52メートル)、野中堂(同44メートル)の二つの環状列石と、「日時計状組石」といった遺構が有名。

 環状列石は墓の集合体で、これを中心に儀式が行われたとされる。1931年に発見、56年に国特別史跡に指定された。 伊勢堂岱遺跡(北秋田市)とともに世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の遺跡の一つ。

 周辺ら出土した遺物は、史跡隣接地にある市の体験学習展示施設・大湯ストーンサークル館で見ることができる。

鹿角市

秋田
スノーキャンドル1300個、幻想的な雰囲気 道の駅かづの
秋田
「錦見の滝」に氷の造形 鹿角市
秋田
伝統の大日堂舞楽、厳かに奉納 コロナ感染防止で規模縮小
秋田
「御宿 馬ぶち」大改修 大湯温泉郷で1日オープン
秋田
4連休は秋田の魅力を再発見! 観光地、県民で盛況