小安峡(秋田県湯沢市)

 皆瀬川の急流が長い年月をかけて刻んだ約8キロのV字渓谷は、川底までの高低差が約60メートルある。江戸時代後期の紀行家・菅江真澄も訪れ、落差を「三十尋(ひろ)」(約60メートル)と記している。

 谷底に設けられた遊歩道を進むと、岸壁の隙間や割れ目から、ごう音とともに熱湯や蒸気が噴き出す、迫力満点の大噴湯がある。

 峡谷の上に立ち並ぶ小安峡温泉は江戸初期に開湯したとされる。透明で無味無臭の湯が特徴。飲用としても糖尿や便秘などに効果がある。

湯沢市

秋田
民家再生奨励賞に奥山旅館本館選出 歴史ある雰囲気評価
秋田
聖火リレートーチ、淡い金色「きれい」 湯沢市から県内巡回
秋田
随時更新■暖冬の影響は?秋田の小正月行事・イベント情報
秋田
ワンコにも御利益を、健康長寿願う 「犬っこ神社」で祈願祭
秋田
1200点から目当てのこけし探そう 湯沢、9日まで展示会