小安峡(秋田県湯沢市)

 皆瀬川の急流が長い年月をかけて刻んだ約8キロのV字渓谷は、川底までの高低差が約60メートルある。江戸時代後期の紀行家・菅江真澄も訪れ、落差を「三十尋(ひろ)」(約60メートル)と記している。

 谷底に設けられた遊歩道を進むと、岸壁の隙間や割れ目から、ごう音とともに熱湯や蒸気が噴き出す、迫力満点の大噴湯がある。

 峡谷の上に立ち並ぶ小安峡温泉は江戸初期に開湯したとされる。透明で無味無臭の湯が特徴。飲用としても糖尿や便秘などに効果がある。

湯沢市

秋田
全国うどんエキスポ、10月に3日間やります 湯沢市
秋田
金と銀の犬っこが出たら当たり! 湯沢にガチャガチャ登場
秋田
「しがっこまつり」無観客開催 5日、巨大つららを生配信
秋田
陸奥湾産ホタテで新メニュー 道の駅おがち、養殖研究者が縁
秋田
湯沢市の上遠野さん、野鳥撮影続け40年 集大成の写真展