犬っこまつり(秋田県湯沢市)

 毎年2月の第2土、日曜日に開催される湯沢市の小正月行事。約400年前、佐竹南家の殿様が盗賊を退治した後、再びこのような悪党が現れないようにとの願いを込め、米粉で犬の人形を作り、旧小正月の晩に、家々の入り口や窓にお供えしたのが始まり。

 まつり当日、市役所前の中央公園広場には雪の犬っこやお堂っこ、雪像が築かれる。

 切り妻造りの神殿のようなお堂っこは大きいもので高さ5メートル。中には神棚と賽銭(さいせん)箱が置かれ、市民が無病息災、家内安全などを祈願する。犬っこはお堂っこの前に門番のようにどっしりと構え、子どもがまたがってもびくともしない。

 日没後、お堂っこにろうそくがともされると、雪国ならではの情緒を醸し出す。

湯沢市

秋田
陸奥湾産ホタテで新メニュー 道の駅おがち、養殖研究者が縁
秋田
湯沢市の上遠野さん、野鳥撮影続け40年 集大成の写真展
秋田
一本桜「おしら様」圧巻 静かな風景に彩り添える
秋田
「疲れ吹き飛ぶ美しさ」 桜並木220本壮観、湯沢
秋田
松岡経塚遺跡の経筒、23日から湯沢で展示 京都から里帰り