川原毛地獄(秋田県湯沢市)

 青森・恐山、富山・立山と並ぶ日本三大霊地の一つ。硫黄ガスの噴気孔を間近に眺められる遊歩道が整備され、200メートルの標高差を散策できる。

 周りの山は木々が生い茂っているのに、その一帯だけは草木も生えず、真っ白い異様な光景が広がり、まさに「地獄」を連想させる。所々から硫化水素や水蒸気の白煙が「シュー」という音をたてて噴き上げており、硫黄独特のにおいが漂う。

 川原毛地獄のふもとから遊歩道を10分ほど下ると天然の露天ぶろ「大湯滝」がある。約20メートルの高さから、40度前後の温泉が二本の滝になって流れ落ち、滝壺(つぼ)が浴槽の役目を果たす。源泉は滝の約1キロ上流。強酸性で96度の熱泉がわき出ているという。これに湯尻沢上流からの真水が加わり、いい湯加減になる。夏場は脱衣場が設置され、水着を着た親子連れなどでにぎわう。

湯沢市

秋田
こけしをかわいくデコろう 川連塗の帽子や台座を商品化
秋田
県南の観光情報はお任せ! 民間組織がポータルサイト開設
秋田
みそ・しょうゆの発酵文化、体験して 湯沢・石孫本店が新装オープン
秋田
「道の駅おがち」農産物、「うご」「十文字」で受け入れます
秋田
家にいながら湯沢を観光♪ 「しず小町」と旅する動画公開中