日本酒・酒蔵(秋田県湯沢市)

 日本有数の酒どころである秋田県にあり、湯沢市は「東北の灘」と称されるほど、酒造業のまちとしてその名が知られている。

 江戸時代に東洋一の銀の産出量を誇った院内銀山の酒蔵として栄えた湯沢には当時、数多くの造り酒屋があった。明治、大正にかけて東京への出荷がスタート。明治40(1907)年には全国酒類品評会で湯沢の酒が高い評価を受け、全国に誇る酒どころに名乗りを上げた。

 市中心部にある両関酒造、秋田銘醸、木村酒造の3社では、日本酒を手掛ける酒蔵見学を受け付けている(いずれも事前予約が必要)。

湯沢市

秋田
陸奥湾産ホタテで新メニュー 道の駅おがち、養殖研究者が縁
秋田
湯沢市の上遠野さん、野鳥撮影続け40年 集大成の写真展
秋田
一本桜「おしら様」圧巻 静かな風景に彩り添える
秋田
「疲れ吹き飛ぶ美しさ」 桜並木220本壮観、湯沢
秋田
松岡経塚遺跡の経筒、23日から湯沢で展示 京都から里帰り