三沢・アメリカンデー/食べて遊んで米国気分 交流の笑顔

基地内にずらりと並んだ屋台の中で、銃の構えや照準の合わせ方など基地関係者による「本格的な」指導付きの射的は大人気

 三沢市民に米国文化を紹介する交流イベント「アメリカンデー」(市主催、米軍三沢基地共催)が23日、同基地内や市中心部などで開かれた。ハーレーダビッドソンなどの大型バイク約100台やダンサーらによる華やかなパレードで幕開け。来場した約5万人(三沢国際クラブまとめ)が、食や音楽を通じて米国の雰囲気を満喫した。

 この日は朝から雨模様だったが、市公会堂前の歩行者天国やスカイプラザミサワ前、基地内の屋台は大勢の人でにぎわった。

 基地内には米軍人らが作ったホットドッグやケーキなど食事のほか、射的などゲームの屋台が50以上並んだ。日本人の客が身ぶりを交え「ワン、プリーズ」と注文すると、米国人の売り子が「アリガトウゴザイマス」と商品を手渡し。日米双方の参加者が、言葉や文化が入り交じった空間を楽しんだ。

 このほか米国の歌手によるライブやレールバイク体験なども行われた。米軍三沢基地のクリストファー・W・ストルーヴィ司令官は「皆さまに基地を感じてもらい、友好がより深まる工夫を凝らしていきたい」と話した。

基地内の屋台では米国のお菓子やジュースも販売

基地内でホットドッグやピザなどを食べ歩く来場者たち

パレードを先導する大型バイクに、来場者の歓声が上がる

今回のアメリカンデーに合わせて制作された山車「アメリカンフロート」に乗って、三沢クイーンの3人がパレードに登場

三沢市

青森
航空漫画家・たなかてつお展 三沢で始まる
青森
三沢の「ほっき丼」、12月3日から23店舗で
青森
「空自空上げ」認定会 三沢基地からお墨付き
青森
映画「書を捨てよ」50周年 寺山記念館で企画展
青森
羽田便4往復定着を/三沢空港