静かな朝、淡く彩る桜 角館・桧木内川堤のソメイヨシノ

桧木内川を淡いピンクで彩る桜並木(ドローンで撮影)
 花盛りを迎えている仙北市の桧木内川堤。ドローンで上空から眺めると、ソメイヨシノの淡いピンクが緩やかにカーブする川を縁取るように彩っていた。


 約2キロに渡る桜並木は、武家屋敷通りと共に屈指の桜の名所として知られる。今年は「角館の桜まつり」開幕前日の14日に開花し、16日に満開となった。新型コロナ感染症が5類に移行してから初のまつり開催と相まって、国内外から大勢の人が訪れている。

 日中なら観光客でにぎわう桜並木や河川敷だが、18日の早朝はウオーキングする地域住民や、人の少ない時間を狙ってカメラを構える写真愛好家の姿がちらほら見えるだけ。車通りも少ない、静かな朝の光景が広がっていた。

仙北市

秋田
エメラルドグリーンの湖面+新緑 秋扇湖に「水没林」出現
秋田
作家との交流楽しんで 仙北市で18、19日クラフト市
秋田
空を飛んでるみたい! 標高800メートルにブランコ、たざわ湖スキー場
秋田
わらび座新作「ジャングル大帝」幕開け 観客魅了、11月まで公演
秋田
「角館の桜まつり」開幕 武家屋敷通り満開、桧木内川堤も開花進む