新郷・間木ノ平「冬キャンプ」2月末まで

冬のキャンプを楽しむ参加者たち

 青森県新郷村の自然滞在型観光レクリエーション施設・間木ノ平グリーンパークで2日、恒例の「冬キャンプ」が始まり、愛好家が寒さに負けず、月と星の下で夜を過ごした。

 初日は、キャンプ用品ブランド・フェニックスライズ(五戸町)が主催し、シーズン開幕記念のキャンプ大会を行った。外国の軍隊が使ったテントを意味する「軍幕テント」の集いで、県外では普通に行われている催し。

 参加者16人の多くが軍幕テントを持参し、地面で直接たき火をする「じか火」可能な第1キャンプ場で談笑したり、じゃんけん大会をしたりして親睦を深めた。福島県の会社員三村光治さん(49)は「風がなく快適。じか火ができるキャンプ場はほかの県で少なく、楽しい経験をしている」と話していた。

 冬キャンプは9日~来年2月下旬、隔週金-日曜日に開催。会場はじか火ができない第2キャンプ場になる。問い合わせは新郷村ふるさと活性化公社(電話0178-78-2511)へ。

新郷村

青森
縄文カード第2弾、青森県の出土品網羅
青森
新郷UFO音頭 ミステリーキャンプで発表へ
青森
文化財バトルカード作成/八戸圏域8市町村
青森
アブよけ「オニヤンマのブローチ」人気/新郷
青森
利用者目線を大切に 間木ノ平GPキャンプ場人気