“未来生物” 楽しく描く/青森・アフターマン展 会場コンテスト

「アフターマン展」の会場で、思い思いに「未来生物」を描く来場者たち

 青森市の東奥日報新町ビル3階New’sホールで開催中の「アフターマン展~未来生物図鑑~」(東奥日報社、東奥日報文化財団主催)で、未来の生き物を描いてもらう入場者限定の企画「未来生物コンテスト」が開かれている。会場では展覧会を鑑賞した親子連れらが、未来の地球にいるかもしれない生き物の姿を空想しながら、楽しそうに作品を仕上げていた。

 同展の出口付近に設けたコンテスト会場には、これまでの入場者が描いた作品(A4判)が壁面にずらり。ゾウやキリンを基にしたかわいらしいイラストから、「人間より大きな有毒チョウ」「地下に潜み草食動物を捕食するヘビの子孫」といった凶暴な生物まで、想像力あふれる力作が並ぶ中、参加者たちがペンや色鉛筆などで思い思いに作品を制作していた。

 トラ、ウサギ、ハクチョウが合体した生物をカラフルに描いた青森市の佐藤早馬(そうま)君(7)は「未来の地球で、猛獣が空を飛んでいたら面白いなと思った」と笑顔で語った。

 未来生物コンテストは同展最終日の27日まで。作品の最終審査は、展覧会の原案となった書籍の著者で古生物学者のドゥーガル・ディクソン氏が行い、最優秀賞には1万円相当のオリジナルグッズなどを贈る。

青森市

青森
ワ・ラッセ(青森)入場者300万人達成
青森
海峡介した交流・交易紹介/三内丸山で特別展
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
缶詰に見る青森県の歴史 近代文学館でサテライト展/県立郷土館
青森
武者に魂吹き込む/青森・大型ねぶた制作佳境