弘前公園「中堀舟」の船頭育て 3人が体験

中堀観光舟の船頭に挑戦する参加者ら

 弘前観光コンベンション協会は、弘前公園で春と秋の祭り期間中に運行する「中堀観光舟」の船頭を育てるため、10日から計6回の日程で体験会を開催。3人がさおを使った操船に挑戦している。

 観光舟は13人乗りの和舟で、約4メートルのさお1本で操作する。堀沿いの桜や中堀の水面に浮かぶ花筏(はないかだ)、秋の紅葉などを楽しめ、弘前さくらまつりでは5千~6千人が乗船する人気の観光メニュー。現在の船頭4人体制では人手が足りないという。

 体験会は「まずは船頭の楽しさを知ってもらおう」と開いた。初日の10日、参加者はさおを水底に突く角度やこつを船頭から教わり、早速挑戦。舟が逆方向に進んだり、蛇行や回転したりするなど悪戦苦闘しながらも、操船の楽しさや舟から眺める新緑を満喫した。

 参加した弘前市の齊藤司さん(65)は「難しいのが面白い。舟が真っすぐ進むようになるともっと楽しいと思う。舟から見る景色もいい」と笑顔。船頭の小田桐範明さん(68)は「私も最初は蛇行ばかりしていた。何度もやれば次第に覚えてくる」と話していた。

弘前市

青森
武者、勇猛果敢 弘前ねぷたの鏡絵制作佳境
青森
どの教科書気に入った? 弘前で販売会、8日まで
青森
弘前で野外クラフト展
青森
弘前「山観」で33年ぶり本尊開帳、宵宮も
青森
頼清徳氏植樹のリンゴ「総統の樹」と命名