春告げる一番バス/岩木スカイライン開通

冬季閉鎖が明けた津軽岩木スカイラインを走る一番バス=27日午前8時50分ごろ

 冬季閉鎖していた岩木山の有料道路・津軽岩木スカイライン(青森県弘前市)が27日、開通した。岩木山から見下ろす景色やスキーを楽しむ観光客たちが8合目へ向かう一番バスに乗り込み、春の訪れを感じていた。

 同日午前7時半ごろ、地元の観光関係者らが料金所前で山開きの安全祈願祭と開通式を行った。桜田宏市長が「春の観光が本格化する。津軽の観光を楽しんでほしい」とあいさつ。テープカットの後、弘南バスが運行するシャトルバスが出発した。

 道路運営会社の梅原寛(ゆたか)社長は「今はオオヤマザクラやミズバショウ、桜林公園のソメイヨシノが見ごろ。多くの人に知ってもらいたい」と話した。

 友人4人と一番バスに乗った弘前市の会社事務員對馬育子さんは「8合目付近の木の枝が凍って樹氷のようで美しい。やっぱり岩木山は良い」と話した。

 今年の営業は11月12日まで、シャトルバスの運行は10月末までの予定。

弘前市

青森
弘前城の石垣積み直し最終年度がスタート
青森
「大森勝山」今年も魅力発信/弘前でガイドの会
青森
弘前さくらまつり 245万人/23年比41万人増
青森
リンゴの花見いかが? 弘前で「花まつり」
青森
弘南鉄道大鰐線に「春のりんごねぷた列車」