合浦公園も桜満開/準まつり体制始まる

満開の桜とともに準まつり体制が始まった「青森春まつり」=13日午後、青森市の合浦公園

 青森市の合浦公園で13日、桜が満開を迎えた。園内は同日から「青森春まつり」(15~30日)の準まつり体制に入り、出店の営業も開始。4年ぶりに園内で敷物を敷いた飲食が解禁となったことで、来園者は持参した弁当や出店の食べ物を味わいつつ、桜に見入っていた。

 園内には約580本のソメイヨシノが植えられている。この日は時折風が強く吹いたものの、暖かい日差しが降り注いだ。準備中の出店も含め49店が並び、平日にもかかわらず行列ができる店もあった。

 娘と散策していた五所川原市の無職五十嵐美津子さん(85)は「満開と聞いて来た。ぼんぼりがあると雰囲気が違う。夜桜も見に来たい」と話した。

 同公園を管理するパークメンテ青い森グループによると、見ごろは来週の初めごろまで。

青森市

青森
海峡介した交流・交易紹介/三内丸山で特別展
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
缶詰に見る青森県の歴史 近代文学館でサテライト展/県立郷土館
青森
武者に魂吹き込む/青森・大型ねぶた制作佳境
青森
エヴァの世界へいざなう/6日から青森で博覧会