自慢の豚骨 味わって 「麺屋 長門」 12日開店/五所川原

12日の開店に向け準備に余念のない長利代表(左)と店長の吉田大樹さん

 青森県五所川原市中心部の生鮮市場マルコーセンター隣に12日、「麺屋 長門」がオープンする。東京の有名ラーメン店で腕を磨いた長利勇樹代表(44)=中泊町出身=は「豚骨スープと特製麺で仕上げた自慢の味を堪能してほしい」と張り切っている。

 長利さんは約10年間、東京都恵比寿の九十九ラーメンで修業を重ねた。同店の豚骨ベースのスープを習得し、勤務後半は店長を任されるまでに技術を高めた。2019年に五所川原市に戻り、ラーメン店勤務を経て今年独立を決めた。

 「地元の人に東京で人気の豚骨スープの神髄を楽しんでもらいたい」と長利代表。豚骨ベースの「みそラーメン」(税込み950円)、「たんたんめん」(同970円)を中心に、「みそつけ麺」や「チーズたんたんめん」など濃厚でこってりした自慢のラーメンをそろえた。

 麺はみそ、つけ麺、たんたんめんごとの専用麺を東京都の製麺会社から仕入れる。長利代表は「スープにしっかり絡む麺を特別に開発してもらった」と強調し、「一度食べたらくせになる味」と自信を込める。「ロシアとウクライナの紛争や物価高などで厳しいが、五所川原市中心部を盛り上げたい」と意気込む。

 営業時間は午前11時~午後2時半、午後4時半~7時半。火曜日が定休。

五所川原市

青森
「閻魔」亡者をにらむ 新作立佞武多が完成
青森
風鈴列車涼やか/津軽鉄道
青森
津鉄全12駅 連載の原画展示/五所川原
青森
カフェ+民泊施設オープン 地域活性化の「場」目指す/五所川原
青森
ハナショウブあでやか/五所川原で見ごろ