観光キャンペーンまで1カ月/弘前駅でPR展

JR弘前駅の「津軽ラウンジ」で始まった14津軽PR展。津軽圏域のさまざまな観光パンフレットがずらりと並ぶ

 JR東日本が青森県津軽圏域14市町村と連携して行う観光キャンペーン「ツガル ツナガル」の開幕1カ月前となった1日、弘前駅構内の津軽ラウンジで「14津軽PR展」が始まった。週替わりで各自治体が観光パンフレットを並べるほか、週末には物販などを行い地元の魅力を駅利用者にアピールする。28日まで。

 県民に同キャンペーンを周知し機運を高めようと、JR東日本秋田支社と14市町村でつくる観光地域づくり法人「クランピオニー津軽」が企画した。キャンペーン期間は4~6月。

 今週末の4、5日には鯵ケ沢町がヒラメの漬け丼などの物販を行う。11、12日は、黒石市、平川市、田舎館村でつくる津軽南地域観光推進協議会と弘南鉄道がPRイベントを行う。

 弘前駅の奈良隆模(たかのり)駅長は「キャンペーンを地元の住民に知ってもらい、何度も津軽を訪れたくなるようなおもてなしをできれば」と期待した。

弘前市

青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
「津軽西海岸の石」テーマ 県外在住のアーティスト6組、オブジェや絵画など展示/弘前
青森
弘南鉄道大鰐線で金魚ねぷた列車スタート
青森
「金魚ねぷた列車」6日運行開始/弘南鉄道大鰐線
青森
ねぷた小屋公開、制作体験を/弘前駅前