サバとイワシ一緒にスイスイ 八戸で企画展示

一緒に泳ぐイワシの群れとサバ

 八戸市水産科学館マリエントで12日から、企画展示「みんな仲良く!『サバとイワシの回遊水槽』」が開かれている。サバ1匹と約40匹のイワシの群れが一緒に泳ぐ珍しい光景を大水槽で楽しめる。

 同館は11月20日から、今野産興(宮城県、今野益二郎代表)から提供を受けイワシの展示を続けてきた。今月、同館のスタッフがイワシの群れの中でサバが1匹泳いでいるところをたまたま発見し、一緒に展示することを決めた。

 担当した同館の清水勉さんによれば、サバとイワシはそれぞれ群れをつくって海を泳ぐ回遊魚で、一緒に泳ぐ姿はなかなか見ることができないという。清水さんは「イワシがサバを仲間だと思っているのかな。ぜひ見に来てほしい」と話した。

 また、同館は毎年恒例の企画展「マリエントクリスマスコレクション」を25日まで実施している。クリスマスをイメージして飾り付けた水槽に水の生き物8種類・約80匹を展示。クリスマスカラーの赤と白の見た目が印象的な「シロボシアカモエビ」や、頭部が赤く赤鼻のトナカイを連想させる「ラミーノーズテトラ」などが来場者の目を楽しませている。

 同館の山本綾香さんは「クリスマスの雰囲気を味わってほしい。家族で見に来てくれれば」と話している。

クリスマス仕様に飾り付けられた水槽を眺める来館者

八戸市

青森
2月から「八戸ブイヤベースフェスタ」
青森
博物館と是川縄文館、小中学生無料に/八戸市
青森
総合卸センターで「冬の朝市」始まる/八戸
青森
アバスさんの総菜店 三春屋から移転/八戸
青森
「ジャズ姫」食べ頃 イチゴ農園今季営業始まる/八戸市南郷