しらうお丼食べ頃 21日から「しらうお丼まつり」/東北町

「しらうお丼まつり」のチラシ

 全国一の水揚げを誇る小川原湖のシラウオのPRと町経済の活性化を目的として、青森県東北町内の飲食店や温泉旅館などでつくる宝湖活性化協議会(和田富雄会長)は21~23日と28~30日に「第4回しらうお丼まつり」を開く。今回は、昨年より1店舗多い町内の飲食店10店舗がそれぞれ工夫を凝らした自慢の丼メニューを、シジミ汁をつけて1食800円で提供する。全店舗予約制。各店舗で予約を受け付ける。生や漬け、かき揚げなど各店舗でメニューが異なる。期間中に丼を食べた人はアンケートに記入して応募すると、抽選で100人に町の名産品が当たる。

 参加店の一つで同町上北南2丁目の「お食事の和幸」店主でもある和田会長は「今年はいいシラウオが取れていて、ちょうど食べ頃。日本料理店、すし店、中華料理店とそれぞれのお店の個性が出た丼メニューなので、ぜひ全店回って味わってほしい」と話した。問い合わせは、協議会事務局の町商工観光課(電話0176-56-3111)へ。

東北町

青森
ナガイモなど使い東北町も空自「空上げ」
青森
好評ガニ汁うどん復活 来年3月まで/道の駅おがわら湖
青森
サラブレッドの母馬たち のんびりと
青森
GMUのふるさとナビ2 東北町・シジミラーメン
青森
東北町職員が食リポ動画「地元飲食店を応援」