Gデザイン賞に八戸市美術館/ベスト100にも

グッドデザイン賞のベスト100に選ばれた八戸市美術館。

 日本デザイン振興会は7日、本年度のグッドデザイン賞を発表した。青森県からは八戸市美術館が選出され、特に高い評価を得たベスト100にも選ばれた。

 「出会いと学びのアートファーム」を理念とする同美術館は、旧美術館の老朽化や展示・収蔵機能の不足などに伴い建て替え工事が行われ、昨年11月3日にオープン。可動間仕切りなどを備えた、市民やアーティストの自由な活動を可能にする巨大空間「ジャイアントルーム」のほか、展示や制作などさまざまな機能に特化した「個室群」がある。

 審査委員の評価では「地方都市の市民の活動の拠点となる新しいタイプの施設。八戸市では十数年かけて文化施設と関連の事業を充実させてきたが、その要となるであろう美術館は今後、市民とともに成長していくことが期待される」などとされた。

 同美術館の高森大輔副館長は「来月に開館1周年を迎える前にこのような賞をいただけて光栄。これからの美術館活動の弾みになる」と喜んだ。

 本年度のグッドデザイン賞は5715件の審査対象の中から1560件が受賞した。

ジャイアントルームでは市民らのさまざまな活動が行われる

八戸市

青森
八戸らーめん復刻20年 ポイントラリーで再発信
青森
JR陸奥湊駅に「駅ナカ酒場」オープン/八戸市
青森
八戸の風景を独自手法で、市美術館で写真展
青森
新観光列車「ひなび」23年度冬デビュー
青森
八戸駅内に12月観光案内所開設/市、駅ビルから移転