八甲田の山中、ツキヨタケ闇夜ほのかに

立ち枯れのブナに群生するツキヨタケ。長時間露光であやしい緑色に写り込んだ=16日夜、十和田市の谷地温泉付近

 八甲田山中でブナの立ち枯れなどに群生する毒キノコ・ツキヨタケがあやしい光を放ち始めている。デジタルカメラで長時間露光すると、闇夜に緑色に写り込む幻想的な姿が浮かんだ。

 16日、十和田市の谷地温泉付近では、大きな立ち枯れのブナに10~20センチの半円形のかさが開いたツキヨタケがびっしり。日没後、徐々に暗闇が増していくと、森の静寂の中にぼんやりと白い光を放つ異様な光景が肉眼でも確認できた。

 同日は奥入瀬渓流で「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」のガイドによる「夜の毒きのこさんぽ」が行われた。宿泊客の佐藤雄大さん(30)=埼玉県川越市=は「ライトの光で胞子が飛んでいるのも見えて驚いた」と話した。

十和田市

青森
湖畔に光の大輪輝く/「十和田湖冬物語」開幕
青森
田子産ホップ100%ビール 香り爽快、限定発売/十和田・奥入瀬ブルワリー
青森
アート広場にイルミ、光の海に和む/十和田
青森
壁一面、光るアート 十和田・とわふるに完成
青森
地元産ネギがポテチに 十和田西高と道の駅が開発