八甲田の山中、ツキヨタケ闇夜ほのかに

立ち枯れのブナに群生するツキヨタケ。長時間露光であやしい緑色に写り込んだ=16日夜、十和田市の谷地温泉付近

 八甲田山中でブナの立ち枯れなどに群生する毒キノコ・ツキヨタケがあやしい光を放ち始めている。デジタルカメラで長時間露光すると、闇夜に緑色に写り込む幻想的な姿が浮かんだ。

 16日、十和田市の谷地温泉付近では、大きな立ち枯れのブナに10~20センチの半円形のかさが開いたツキヨタケがびっしり。日没後、徐々に暗闇が増していくと、森の静寂の中にぼんやりと白い光を放つ異様な光景が肉眼でも確認できた。

 同日は奥入瀬渓流で「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」のガイドによる「夜の毒きのこさんぽ」が行われた。宿泊客の佐藤雄大さん(30)=埼玉県川越市=は「ライトの光で胞子が飛んでいるのも見えて驚いた」と話した。

十和田市

青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
鳩正宗×北里大獣医学部のコラボ日本酒が完成 味わいまろやか、12日発売
青森
新紙幣記念 十和田で6、7日イベント
青森
十和田・鯉艸郷でルピナスをライトアップ
青森
十和田市中心商店街に書店オープン/東京からUターン 編集者・長嶺さん