高瀬さん(青森)最優秀/宮越家・春のフォトコン

最優秀賞に輝いた高瀬さんの投稿作品(中泊町文化観光交流協会提供)

 中泊町文化観光交流協会が、大正期の貴重なステンドグラスが残る同町の旧家・宮越家の一般公開に合わせて募集した「宮越家・春のフォトコンテスト」で、青森市の高瀬美夏さんの投稿作品が最優秀賞を受賞した。

 コンテストは6月4日から7月10日までインスタグラムやツイッターからの投稿を募り、インスタ140点、ツイッター12点の応募があった。

 最優秀の高瀬さんの作品は、「四季草木障子」のある涼み座敷の間で小学3年生の娘さんがステンドグラスを見つめている後ろ姿を被写体にした構図。審査では、ステンドグラスから漏れる光と人物の配置が絶妙で、大正と現代が融合した空間を印象的に捉えた作品と評価された。

 コンテストを企画した地域おこし協力隊の覚張日菜(かくばり・はるな)さんは「インスタやツイッターを使いこなす若い世代に宮越家へ足を運んでもらい、ひと味違った目線でPRする機会を提供したい」と述べた。

 9月下旬には秋の一般公開も行われる予定で、宮越家・秋のフォトコンも企画している。

中泊町

青森
メバル膳11万1111食達成/中泊
青森
小説「津軽」から80年 中泊で企画展
青森
津軽鉄道駅命名権 4駅の愛称決まる
青森
ステンドグラスに感嘆 宮越家公開/中泊
青森
中泊産米粉100%のシフォンケーキ完成